立ち位置の重要性

風上をとることは、戦術的に重要な点になりました。
風上をとった海軍大将は、戦いのイニシアティブを持ちました。
風上を維持することによって敵を叩くことを避けることができました。
風下の艦隊は、風下の状態で飛ぶことができたが、あなたに戦いを挑むことができませんでした。
2隻の艦隊が間近になって、風下になるならば、それが存在の危険が高かった時は背中を攻撃しました。
風下に引き下がることさえ難しかったです。
そして、微風以外は時刻に接近した戦闘をする敵の銃の前に船の底を明かすために、そこの第2の風下にそれであることがあるという誤りは、風下に風圧によって傾きます。
それが船部を突き通されるならば、水で表面のものは底に達します。
リバースが開いたとき、それは浸水します。
そして、浸水さえより多くをするという危険が通常あります。
これは、「風と水の間の外皮(「風と水の間で外皮を取られる」)」として知られています。
当然、より風上のものの船から流れている粉の煙は、風下の方へ表示を悪化させます。
海軍大将が敵の風上に持っていった日に操舵に費やした戦いはよくて、performed.For例でした。
それは1778年のウェサン島、セントルシア1780海峡の海戦、1794年の栄光の6月1日の海戦の海戦です。
強風を吹き飛ばす時だけ、不利は風で起こります。
それが風下の側に傾くので、そして、低くなった朝顔口は波によって洗われます。
これはあなたが洪水の危険性を避けるために低い建築デッキの開口部を閉じなければならないからです。
したがって、風上から攻撃する軍艦に関しては、1つの風下の敵対的な航空機に関しては、風上の銃が船の傾斜によって持ち上げられるので下甲板のためにを備えている大型大砲を使うことができないのに対して、そのような問題がありません。
この理由から、1780年のヴィセンテ岬が荒天で実行した太陽の月光の海戦によって、ジョージ・ロドニー海軍大将は、行い中の軍艦に風下からスペイン艦隊を攻撃しなさいという命令を与えました。

copyright(C)海戦大辞典